2014年12月20日

岐阜市の古書店。

 今日岐阜市に行く用事が有り、たまに寄る古書店の「我楽多書房」に行ったら明日で閉店の張り紙が出ていた。
 今日は用事を済ましたら、そのまま帰ろうかと思っていたけど思い付いて寄り道して良かった。
 以前は、この店の前に路面電車も走っていたし、近くの柳ケ瀬や駅前にはデパートも有り、それなりに賑わって居たが岐阜市の近郊にショッピングモールなどが出来てからは段々と人出も少なくなりデパートも殆ど撤退したし電車も廃線に成ってしまったが、この本屋が無くなるのも岐阜市の空洞化に少しは遠因が有るのでしょうか。
 私は本好きなので寂しい事です。
 新しい本も良いのですが、古書を探して思わぬ掘り出し物を見付けるのも楽しい事ですし、特に刀関係の本は古書でしか手に入らない物が多いので余計に、そう思います。
 この本屋でも、何冊か刀の本も買いましたし迷っているうちに売れてしまったのも有ります。
 以前、「技法と作品 刀工編」を2500円で見付けた時は思わず声が出そうに成りましたあせあせ(飛び散る汗)もちろん買いました。
 ネットオークションよりも安い値段で美品を見付ける事も有り、その辺りも楽しい事です晴れ

 今回は閉店セールと言う事で、全品半額に成っていまして日本刀銘鑑が9000円で手に入りました。
 定価は30000円以上ですし通常の値札は18000円でオークションでも20000円ぐらいの値段が付くので、これは中々にお得な買い物をしました。
 と言っても私は、もう持っていますので(この本屋で以前買った)、この本は知人に譲るつもりです。勿論、原価は頂いて譲りますダッシュ(走り出すさま)
1419065797187.jpg

 
posted by 楽屋 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする