2018年01月03日

研磨した刀剣の御紹介(研磨外装技術発表会出品作)

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しく御願いを致します。


 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 昨年の刀剣研磨外装技術発表会(研磨コンクール)に出品差せて頂いた、基光の刀と来国光の短刀です。

 鎬造りの部に出品しました御刀は無銘、基光です。努力賞を頂きました。
 基光は長船兼光の弟子の刀工で南北朝期に活躍しました。
 この御刀は、南北朝の的な姿で身幅広く切っ先が大きく成り、元は長大な太刀だったと思われますが後世擦り上げられて常寸無銘に成りました。

 鍛えは板目、杢目交り、地景複雑に入り地沸厚く付く相伝備前の地鉄に成り、元には乱れ映り中程は棒状の映りが立ちます。
 刃文は、互の目、丁子交りの複雑な刃文に所々飛び焼が有り、小沸出来です。

 研磨作業は地鉄の働きが良く出る様に、合わせて映りも見良く成りように心掛けて作業致しました。
 刃文は複雑ですので品良く見える様に留意して作業致しました。

 h1.jpg

h2.jpg

h3.jpg

h4.jpg

h5.jpg

h6.jpg




 平造りの部に出品差せて頂いた御刀は折り返し銘の来国光です。努力賞を頂きました。

 来国光は来国俊の子で南北朝期に活躍しました。
 来国俊より時代を反映して大振りも姿に地刃相州伝の色合いが強く成ります。

 この御刀は元はもう少し長さが有り1尺を超える寸法だったと思われますが、擦り上げられて銘は折り返して残されました。
 裏の元に添え樋の痕跡が有りますので、元はもう少し身幅、重ねが厚かったと思われます。
 表に素剣に梵字、裏に樋の彫が有ります。

 鍛えは板目肌、刃寄り稍板目肌に成り、地沸良く付いて、地景入ります。全体に淡く乱れ映りが立ちます。
 刃文は、元と先が細直刃状、中程が湾れて、金筋、足等入り働きが豊富です。
 強く沸いて刃縁良く冴えます。

 研磨作業は、地鉄の働き、映りが見える様に心掛け大肌が出ない様に作業致しました。
 地鉄は柔らかく気を使って作業を致しました。
 刃文は細いので刃取りが難しく、地鉄に刃艶が大袈裟に食み出さない様に気を付けて作業を致しました。

hp1.jpg

hp2.jpg

hp3.jpg

hp4.jpg

hp5.jpg


 刀剣研磨外装技術発表会の展覧会は、両国の新刀剣博物館で1月19日から始まります。
 どうぞ、御見学下さいませ。
 
posted by 楽屋 at 23:48| Comment(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

研磨した刀剣の御紹介(直江志津)

 研磨作業を差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 直江志津の古極めが有る御刀です。地刃に相州伝が強く志津系の特徴を良く表しています。
 大擦り上げ無銘で樋と添え樋が有ります。
 直江志津は兼氏(志津)の後裔、一門の刀工の総称で在銘は少なく大擦り上げ無銘が多いです。

 この御刀は地鉄は地沸良く付いて所々沸が固まり湯走りに成り地景が細かに入り強い鉄です。
 刃文は互の目に尖り刃を交えて沸が強く刃中働き多く明るく冴え、切っ先は殆ど一枚帽子に成ります。
 地刃共に優れた作品です。

 研磨作業は古研ぎで錆も有りましたので、備水砥で錆を取り形を整え、内曇砥を良く引き地艶を良く効かせて地鉄の働きを出すように心掛けました。
 刃文は尖り刃が交るので刃取りが難しいので注意して作業をしました。
 地鉄の働き、刃文共に良さを引き出せる研磨が出来たと思います。

 hp7.jpg
hp8.jpg

hp2.jpg

hp1.jpg

hp3.jpg

hp4.jpg

hp5.jpg

hp6.jpg



 
 
posted by 楽屋 at 22:18| Comment(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

研磨した刀剣の御紹介(行廣 肥前)

 研磨作業を差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 肥前の初代行廣です。
 銘は肥前刀の掟通りに裏に有ります。

 初代行廣は、初代の忠吉の孫に成ります。父親は忠吉の娘婿の吉信で兄には河内大掾正廣がいます。
 
 反りが浅く、やや細身で先に行って身幅を狭めて切っ先が小さくなる寛文新刀の姿に成ります。
 地鉄はやや肌立ち気味ですが地沸が良く付き肥前刀の特徴のある地鉄です。肥前刀で焼が高い場合は小糠肌でも肌立つ傾向が有る様です。
 刃は沸出来の丁子刃で一部が飛び焼に成り大変に覇気の有る刃文です。

 研磨作業は刃の斑を極力直し、地鉄に深いヒケ傷が沢山付いていたので前の研磨は全て取り研磨し直しました。

hp.jpg

hp2.jpg

hpp.jpg

hpp1.jpg

hpp2.jpg

hpp3.jpg

 
posted by 楽屋 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

研磨した刀剣の御紹介(飛騨守氏房)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 飛騨守氏房の刀です。
 身幅広く、切先が延びた慶長新刀の豪壮な姿に成ります。
 茎は少し擦り上げて区を送っていますが銘は残っています。

 飛騨守氏房は若狭守氏房の息子で美濃国関に生まれ後に名古屋と移って作刀しています。
 若狭守氏房は末関の雰囲気が濃く残っている作風ですが、飛騨守氏房に成ると新刀然として相州伝風が強く成ります。
 両者共通して元の方に少し形の崩れた互の目を三つ四つ連ねて焼刃が良く有ります。
 この御刀にも有りますが、沸出来で少し沸崩れています。

 この御刀は地鉄は詰んで綺麗で地沸が良く付きます。
 刃は沸出来で上半は沸が強く成り、刃中に働きが有ります。

 研磨作業は切っ先が大きいのでナルメの作業が大変でした。

 hp4.jpg

hp5.jpg

hp.jpg

hp1.jpg

hp2.jpg

hp3.jpg
posted by 楽屋 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

研磨した刀剣の御紹介(越前守助廣)

 研磨作業を差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 
 越前守助廣の御刀です。生茎の角津田銘で裏には卸鉄を使った旨を切っています。
 助廣は言わずと知れた大阪新刀の代表刀工です。
 沸深い濤乱刃を焼いて、日月の形をした飛び焼が有ります。
 
 今回は錆が有る訳で無かったので仕上げ直し研磨で作業を行いました。
 
 前の研磨は良い研磨だったのですが、部分的に後から別の人が直したのか地刃にヒケ傷が多くそこだけ雑な感じがしますのでその部分を研磨して仕上げなおし、他の横ズレヒケ傷等が付いて居る部分も直しました
 地鉄を直すと刃取りが消えてしまうので、刃取りを直す事に成ります。
 広い範囲で刃取りが消えてしまったので全体に拭いの作業をして、刃取りは全部取り直す事にしました。
 個人差は有るかも知れないのですが濤乱刃は刃取りが難しいので時間を掛けて作業しました。
 刃文に忠実に刃取りしなければ成りませんが、あまり忠実過ぎても濤乱刃の感じが出ませんので注意が必要です。
 その後、磨き、拭いの作業をして研磨を終了致しました。

 hp2.jpg

hp3.jpg

hp.jpg

hp1.jpg

 
posted by 楽屋 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

研磨した刀剣の御紹介(直江志津)

 研磨した御刀の御紹介を致します。
 直江志津の古極めの有る御刀です。
 
 直江志津は、大和から美濃に移住した兼氏(通称志津)の子孫及び門弟の作の総称です。
 刀の在銘品は少なく大概は無銘です。
 
 この御刀はやや身幅広目で切っ先が延び反り浅い姿で、地沸付く地鉄に沸出来の互の目乱れを焼いて所々焼崩れます。

 研磨作業は曲がりが有り古研ぎ小錆が有りましたので、まずは曲がりを直し樋中を研ぎ全体の姿を整える様に下地研ぎをしました。
 仕上げは地鉄がやや起き難く内曇地砥、地艶に時間を掛けて作業をしました。
 互の目が連なる刃取りは単調に成り勝ちなので、単調に成らない様に留意して作業をしました。

 hp4.jpg

hp5.jpg

hp.jpg

hp1.jpg

hp2.jpg

hp3.jpg

 
 
posted by 楽屋 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

研磨した刀剣の御紹介(佐州元彦)

 研磨を差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 佐州元彦の刀で明治五年の作です。
 新々刀の佐渡の刀匠で大慶直胤の門人で、刃文に江戸の新々刀の特徴が良く出ています。
 あまり名前が知られていないのは、明治に成り作刀の機会が減ってしまった為と思われます。
 参考ページ https://www.city.sado.niigata.jp/sadobunka/k/c/city109.htm
 
 2尺7寸の長寸で身幅が大変広く重ね厚く反りが浅い勤王刀姿をしています。
 地鉄は良く詰んで刃文は互の目、丁子が交り先の方は沸が荒く成り、切っ先は沸崩れ覇気が有ります。
 
 長寸で身幅が広いので重量がかなり有り研磨作業は中々大変でした。 
 長く重く成ると下地研ぎで刀を構えるのも、仕上げで先の方を仕上げる時に手元の方が下がるので支えるのも力が要ります。
 刃取りは細かく成り過ぎ無い様に留意して作業をしました。

 hp5.jpg

hp6.jpg

hp1.jpg

hp2.jpg

hp3.jpg

hp4.jpg
 
 
posted by 楽屋 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

研磨した刀剣の紹介(兼元)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 兼元の金象嵌が有る御刀です。
 金象嵌の銘字は兼元の書体をそのまま写して有ります。
 美濃伝の特徴が良く出た作品です。
 地鉄は鍛えの良い鉄に大肌交り鎬地は柾目に成り、刃文は互の目を連ねて尖り刃が入る三本杉で刃中に働きが有ります。

 研磨は、棟と鎬地に赤錆が有りこれを金剛砥で除去して下地研ぎを進めました。
 仕上げの刃取りは、細かい刃文の場合は刃文の山を二つ三つ纏めて刃取りする場合が多いのですが、今回は刃文の山と山が離れていて纏めて取れないので刃文に忠実に細かく刃取りしました。
 本来の刃文を刃取りでも想像できる様に成り結果は良かったと思います。

hp4.jpg

hp5.jpg

hp1.jpg

hp3.jpg

hp2.jpg
posted by 楽屋 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

研磨した刀剣の紹介(大慶直胤)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 大慶直胤の平造り脇差で、身幅が広く寸が延び、刃文地鉄には相州伝が強く出た作です。
 
 銘は「喜翁藤直胤 嘉永七年二月」と切っています。嘉永七年は安政元年と同じで安政四年に直胤が亡く成っていますので晩年の作で喜翁は70過ぎからの銘の様です。
 直胤は水心子正秀の高弟で作域が広く備前伝、相州伝、大和伝も造っています。当時としては長命でしたので作品も比較的多いと思われます。
 また、大阪、伊勢、京都、伊豆など色々な場所に行ってそこで作刀して、それを銘した作も多く残っています。

 この御刀の研磨は、平成28年度研磨外装技術発表会に於いて、平造りの部で努力賞を受賞致しました。
 
 研磨作業は生刃が残る健全な作品なので、それを残して極力減らさない様に留意して作業をしました。
 地鉄に太い地景が入り地沸付いた相州伝ですので、それらの働きが見える様に地砥、地艶を行いました。この御刀には表裏に彫が有りますので地艶の作業も彫の周りは気を付けて行わないと地鉄に傷を付けてしまうので注意して作業をしました。
 また、この御刀は見た目より地鉄が柔らかいので肌をこなすのが難しい面も有りました。
 刃取りは、刃沸が地沸と繋がっている部分が有り、その辺りの刃の取り方は工夫しました。

 hp5.jpg
 表 草の倶利伽羅の彫が有る。
hp6.jpg
 裏 護摩箸に梵字の彫が有る。
hp1.jpg
 表 中程
hp4.jpg
 裏 中程
hp2.jpg
 裏 切っ先
 
 
posted by 楽屋 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

明けましておめでとうございます。研磨した刀剣の御紹介(大和志津)

 新年明けましておめでとうございます。
 本年も宜しく御願いを致します。

 大和志津の御刀を御紹介致します。
 大和志津は美濃伝の祖、志津兼氏が美濃国移住前に大和国で作刀した刀の事を言いますが有銘確実な作は有りません。志津の作に大和伝が出ている作品を総称して大和志津と呼んでいる様です。

 この御刀の研磨は、平成28年度研磨外装技術発表会に於いて協会会長賞を受賞致しました。
 
 この作は刃中に金筋が長く現れ、地鉄には相州伝が強く地沸地景が良く出ています。
 鎬幅(樋幅)が広く成り切先が延びています。
 
 研磨作業は地鉄の肌、働きが出る様に時間を掛けて内曇、地艶を行い、刃取りは細かく成り過ぎ無い様にゆったり取る事を心掛けました。

 hp6.jpg
表。
hp7.jpg
裏。

hp2.jpg
表中程。
hp4.jpg
裏中程。
hp3.jpg
切先。

hp1.jpg
ハバキ元。ハバキ下の樋中にも今回は流しの線を入れてみました。
posted by 楽屋 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

赤羽刀の研磨終了する。

 赤羽刀の研磨作業が終了する。
 かなりの深錆だったが幸い殆ど傷気も無く、地刃がしっかりとしている。
 赤羽刀は、戦後進駐軍の方針で接収されて一時期、東京の赤羽で保管されていた刀剣類の事で、所持者が不明の物は所縁の自治体に移譲されて研磨修復を行っているものです。

 切っ先から横手部分に掛けての錆は特に深くクレーター状に凹んでしまっていたので研磨作業は中々に大変でした
 研磨は盛る事は出来ないので、凹みが有る場合はその高さまで達するまで地道に砥石を当てて錆を取り面を整えねばいけませんが、焼の入って居る刀は堅く作業は簡単には進みませんし、また無理に錆だけ落とそうとすると地鉄が凹んでしまうので、ひたすら根気作業に成ります。焦りは禁物です
  
 和鋼の場合、ある程度錆びた所で安定する要素が有りますので表面の錆を落とすと中からは綺麗な地鉄が表われて来る場合が有り、この辺りが不思議な部分ですね

 1482240124269.jpg
 最初の状態。

 1482240072512.jpg
 荒砥で錆を落とした状態。

1482241785025.jpg
 仕上がり表側。

 1482240020418.jpg
 仕上がり裏側。
 
 


 
posted by 楽屋 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

授賞式に行く。

 1480136378753.jpg
 
 25日は刀剣博物館に於いて研磨外装技術発表会の授賞式が有り出席して来ました。
 初出品から十数年、毎年結果に関係無く授賞式には参加して来ましたが、刀剣博物館の建て替えの為この会場で授賞式が行われるのは最後になる様で感慨も有りますね

 本年度の結果ですが、鎬造りの部は「協会会長賞」平造りの部は「努力賞」でした。
 やっと特賞に成ったので嬉しい事ですが、上はまだまだ有り安心している訳には行きません。何時かは一番上の賞を取れる様に精進したいと思います。
 
 授賞式の前には勉強会が有り実際に受賞作品を手に取って観る事ができ、これは毎年一番楽しみにしている事です。
 それに仕事場と会場とでは見え方も違いますから、その辺り今後出品する際に参考にして行く事に成ります。
 
 授賞式の後は刀職の方々と懇親会に行きました。思えば研ぎ師に成った時には刀関係の知り合いは、殆ど居なかった訳ですから、こうしてお付き合い差せて頂けることも有難い事です

 代々木の刀剣博物館に於いて研磨外装技術発表会入賞作品展が11月29日〜12月18日まで開催されます。御見学頂ければ幸いです。
posted by 楽屋 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

研磨した刀剣の紹介。

 先日、御納めしてきて、下のブログの記事でも書きました新作刀の御紹介です。

 吉田康隆刀匠の作品です。
 焼刃土を置かない焼き入れ方法を試みて作刀されていて、この御刀もその技法で作られています。
 一文字写しの丁子刃で焼は複雑に乱れて先へ行き鎬に掛かるぐらいの高い焼に成り帽子は殆ど一枚帽子に成ります。
 地には淡く映りが立ちます。
 新作刀で備前伝を行うと、刃縁は丁子に成って綺麗でも刃中、地鉄には働きが無く単調に成り勝ちですが、この御刀は地刃に働き多く特徴が有ります。
 焼刃土を行い焼き入れは一時期批判も多かった様ですが、焼刃土を置いて焼を入れる通常の刃文に無い大体な刃文に成り、自然の変化を求める日本の美意識には合致する方法と思い私は大いなる可能性を感じています。
 出来れば、相州伝でも優れた作品が出てきたら面白いな、と感じて居ます。

 今回は刃文が良く見える様に差し込み研ぎで研磨しました。
 写真の技術が無く良さが伝わらず申し訳無いのですが、実際の刃文は白く良く冴えています。
 また、焼刃土を置かない焼き入れですと刃文が小模様に成り勝ちですが、この御刀は丁子の房が大きく乱れているのも好ましい特徴と思います。

 作刀の御希望が有る方が居ましたら御連絡下さい。
 メール onkatana@d6.dion.ne.jp
 ※ この画像の御刀は販売品では有りません。

 hp1.jpg

hp2.jpg

hp3.jpg
 

 
posted by 楽屋 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

天然砥の事。

 ここ数日は金剛砥の砥目を取るべく備水砥の作業を行っています。
 しかし、備水砥として販売している砥石では目が細かく中々金剛砥の砥目は取れないので、一段階粗めの備水砥特級品やセラミック系の砥石を使う。
 昨今は、便利な砥石も有るので使える物は積極的に導入します
 
 戦前までは、金剛砥もあまり質が良く無かったせいか使われず天然の荒砥を使って居いて、金剛砥を使う研ぎ師は軍刀研ぎと言われて批判されたらしいが、今は金剛砥の質も向上していますし、天然の荒砥自体の採掘が殆ど無いので、天然の荒砥で刀を研ぐ研ぎ師はほぼ居ないと思います(居るかも知れないけど。。)

 天然の荒砥は、粘土分が多くドロドロしている上に粗さも均一で無く、砥石の中に硬い異分子が混在していて扱いにくく、その様な砥石を使うと次の備水砥で砥目が取れず大変な事に成ってしまい、また刀も余計に研ぎ減らす事に成ってしまいます。
 
 天然砥信奉も有りますが、荒い方の砥石の場合は次の工程で砥石目を全て取り除いてしまう訳ですから、天然砥だろうが人造砥だろうが変わり有りません。天然の荒砥を使ったから仕上げの冴えが違う等と言う事は有りません(内曇砥、鳴滝砥などは天然砥しか無いので別です。また細名倉に付いては、天然砥と人造砥と差が出るか、まだハッキリとした結論には至って居ません)。
 非科学的で根拠の無い精神論の様な事に捕らわれていては正確な作業は出来ないと思います。
 趣味なら幾ら時間を掛け様が構わないのでしょうが、仕事としてやる以上、効率を考えて作業をするのは当たり前の事です。
 それが、刀を余計に減らさない正確な作業に繋がると思います
posted by 楽屋 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

再刃の事。

 焼が無く成ってしまっている刀身に再刃と言って焼の入れ直しが可能と思われる向きが有りますが、再刃をする際は土を置くために刀身に荒砥を掛けますし、焼を入れた後は焼けた表面を取らないと行けないので更に荒砥を掛ける為、刀身自体がそれなりに減る事に成り、かなり健全な状態の刀身で無いと再刃は難しいです。
 
 それと再刃自体が難しい作業の為、失敗も起こり得ますから、あまり簡単には御勧め出来ない作業です。
 古い刀で再刃されていると思われる刀も有ります。特徴としては刀工の本来の作風と合わないとか、ハバキ元に水影と言う映り風のものが出たりします。
 また、茎も焼かれるので錆色が変色したり荒れたりします。
 ただ、再はした後に茎を擦り上げてしまうと、茎の錆色の変化や水影は分からなく成ってしまうので、古い刀身の焼き直しは有無は、ハッキリと分からない場合も有り得ます。
 
 良く知られた所では越前康継が、家康の命で大阪城落城の際に焼身に成った名刀の焼き直しを多数していますが、世に知られた名刀の焼き直しは、さぞ神経を研ぎ減らす作業だったと思われますが見事に遣り遂げている所を見ても康継の高い技量が想像出来ますし、更にそれを行う相当の胆力の持ち主だったのだな、と思い感心します。
posted by 楽屋 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

茎の錆を落とすべからず。

 もしも錆身が家から出て来ても我流で錆落としなどはしないで下さい。
 表面の赤錆などは誰でも除去出来た様な気がしますが、実際には黒錆が朽ち込んだりしている場合が多く、これを刀身の形を崩さず除去して行くには専門の研ぎ師で無いと出来ません。
 グラインダーなどで擦ってしまうと刀身が全くダメに成って刀の生命が終わってしまいます。
 また、刀の茎(ナカゴ 柄部分)の錆を落とすと刀剣の価値を大きく減じてしまうので、これも御注意下さい。。
 
posted by 楽屋 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

鞘書きする。

 今日は研磨した御刀を御納めしました。
 鞘に研磨終了した事を墨書して欲しいと言う事で、私はその様な事をした経験が無いので戸惑ったのですが、御希望と言う事で思い切って書いてみました。
 下手な字で恐縮です。。
 反った鞘に字を書くのは難しいですし、木が墨を吸ってしまうので濃い字で書くのも難しく、鞘書きにも色々コツや遣り方が有るのかも知れないと思いました。
 画像は裏で私の名前を書き、表は刀の銘と研磨完成年月日を書きました。

1460856552898.jpg
 
posted by 楽屋 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

研磨した刀剣の紹介(肥前国河内大掾正廣)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 肥前の国の河内大掾正廣の御刀です。
 河内大掾正廣は初代忠吉の一族ですが、本家以上の待遇を受けたいたと言われ代を重ねて10代続き明治に至って下ります。
 作風は直刃より肥前の足長丁子が多く有ります。
 
 この御刀の代別はここでは判断致しませんが、沸出来の足長丁子、互の目に足が入り刃中に砂流し入り刃縁柔らかみが有り冴えます。
 地鉄は地沸付いて働きが多いです。
 
 研磨作業は刃取りの作業を細かく行わなければいけないので時間が掛かりましたら、刃文の雰囲気を刃取りで表す事が出来たと思います。

 hp4.jpg

hp3.jpg

hp2.jpg

hp1.jpg
posted by 楽屋 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

研磨した刀剣の紹介(来金道)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
(菊文)和泉守来金道、の脇差です。
 
 刀鍛冶の三品家は、関の刀鍛冶の兼道が文禄年間に自身の子供4人を連れて京都に移住し、四兄弟(伊賀守金道 来金道、丹波守吉道、越中守正俊)、その他近江守久道や分家など一門が繁栄して刀鍛冶の一大派閥を形成して後世まで栄えました。

 この御刀は地鉄が良く詰んで地沸付き、沸出来の互の目の刃文で冴えが有ります。切っ先は沸付いて掃き掛けています。
 丸止めの樋を彫り腰元に連樋が有ります。来金道の優品です。

 hp3.jpg

hp2.jpg

hp1.jpg

 
 
 
posted by 楽屋 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

研磨した刀剣の御紹介(備州中路住盛次作)。

 研磨を差せて頂いた御刀の御紹介を致します。
 今年の研磨外装技術発表に出品差せて頂いた太刀で努力賞を頂きました。
 
 太刀ですが銘は、備州中路盛次作、と佩裏刀銘で切ってある御刀です。
 大変に珍しい銘で、この御刀一振りしか在銘作は無い様です。
 ですので、系統含めて謎が多いのか重要図譜の説明にも銘鑑からの引用して、時代延文、備前として作風が備後物に近い等あまり詳しくは書いて有りません。
 ただ、備前にも備後にも中路と言う地名は現在は無いそうです。
 しかし、銘が刀銘に成る点や地刃の特徴から青江刀工と見るのが良い様で別の資料にはその様に書いて有ります。私も青江系統の作風と思います。
 時代も、銘鑑などは南北朝にしてありますが、姿などからももう少し古く鎌倉中期から末期ぐらいではと思われます。

 茎は生茎で区が送って有ります。反りが高く鳥居反りに成り、やや細身で小切っ先に成る姿です。
 刃文は下半はやや潤み心に成り刃中良く働いて小沸出来、上半は刃が少し締まり二重刃が掛かります。切っ先は焼幅狭く乱れ込んで、二重刃も切っ先の中に入っています。
 地鉄は非常に細かく詰んで地景、地沸付いて綺麗で肌の荒れた所も有りません。
 
 この御刀の一番の特徴は上から下まで地鉄全面に出る映りで、刃文の際までモウモウと現れています。

 研磨作業は、切っ先の焼が細いので研磨前に拡大鏡などで良く観察してから取り掛かり研ぎ減らない様に注意しました。
 地鉄の映りが見え難く成らない様に留意して作業を進めました。
 御刀が古い時代の作ですし、銘も貴重な作ですので色々緊張しましたが無事に研ぎ上がり安心致しました。

 スキャン_20151225.jpg
 重要図譜からの引用です。

hp7.jpg

hp6.jpg

hp2.jpg

hp1.jpg

hp3.jpg

hp4.jpg

hp5.jpg


 

 
 
posted by 楽屋 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする