2014年02月04日

私の記事が載りましたので。

 「月刊なごや」と言う本に私の事が少し載りましたので御紹介します晴れ
 本のタイトル通り、東海エリアでしか販売していない本だと思いますが手に取る機会が有りましたら御覧下さい。
 写真が研ぎの作業の様子が良く表現されて居て良いですね〜。
 一張羅の作務衣を来て作業しましたよわーい(嬉しい顔)

 CABY40ZR.jpg

CA3WTAPF.jpg
posted by 楽屋 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

鑑定会の事等。

 少し遅ればせながらですが、日曜日に支部の鑑定会&新年会が有りました。
 鑑定会には本部から田中講師が初来岐阜されて、新年会ふくめ和やかに行なわれました。
 
 鑑定刀の事は詳しくは支部のホームページを御覧頂ければと思うのですが、一号刀は以前博物館で飾って有るのをみて覚えてはいたのですが、流派個銘どちらも思い出せずに終わってしまい残念でした。
 中々一本入札で当りを取るのは難しい感じの出題で、全体の成績も常より少し下回ると言う感じでした。
 結果は、当たりが二本、同然一本で人位に入ったかな〜、と思ったのですが同じ点数のの人が多いと入札した順に成績が成るそうで何も頂けませんでしたバッド(下向き矢印)
 
 「先則制人、後則為人所制」先んずれば則ち人を制し、遅れれば則ち人の制する所となる。

 何事も早いに越した事は有りません。まあ、良い刀も見れて良かったです晴れ
posted by 楽屋 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

ブログ終了との知らせ。

 この私が利用しているブログサービスのラブログが3月一杯で終了するとの知らせが出ました。
 折角扱い方にも馴染んできた所で無くなるのは残念ですね〜バッド(下向き矢印)
 無くなる理由はなんでしょうか。アメーバブログやら沢山サービスが有るので利用者が少ないのか、このブログはAUが提供しているのですが、広告が入る訳でも無いので利益が生まれないからでしょうか。。
 何れにしても一方的な事柄です。
 新しい受け皿が有るみたいですがスムーズに移動出来ればと思います。
 別のブログサービスは、私の様な商業目的だと利用できないとかの制約も有る所も有りますし、以前ヤフーブログは、ちょっと自分のホームページの紹介をしたら有無を言わさず削除されました。今でも腹立たしいですパンチ

 さて、それはそれとしまして今年も仕事は初めまして、正月気分も抜けて通常の作業に成って来ました。
 実の所、1月2月は研ぎの御依頼が少ない時でして、春から段々御依頼が増えていく傾向が有ります。
 その様な事でこの時期に御依頼だと少しは納期が早く成るかも知れません。
 御一考頂けますと幸いですわーい(嬉しい顔)
posted by 楽屋 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

明けましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願い致します。

 
posted by 楽屋 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

本年は。

 今日は、寸延び短刀を御納めしました。皆焼の刃文で、複雑な刃なので、どの様に刃取りしようか悩みましたが、華やかな雰囲気は良く出たのではと思って居ます。
 
 下地仕事は有りますが、御納めする御刀はこれで最後に成ります。
 今年一年、研師として仕事を続ける事が出来まして御依頼下されたお客様に感謝致します。
 

 さて、ここからは私事ですが、まだまだ掃除もし無ければ成らず気が重いですね〜バッド(下向き矢印)
 天気が良ければ、研ぎ台のスノコを外に出して洗いたいのですが、天気はどうなるやら。
 今年は諸事情であまり正月らしい事も無いので早めに仕事初めして普段出来ない事を研究して見ようかと思って居ます晴れ
 
 皆様、良い御年を御迎え下さい。
posted by 楽屋 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

右の手の。。

 私はキリスト教徒では無いのですが聖書には、感動的な、とても良い言葉が記されていますね。
 前にも引用した事が有るかも知れないのですが、久しぶりに聖書から引用して載せます。

 
 

「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる」

「だから、あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている」


「施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない」


「あなたの施しを人目につかせないためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる」

 
 マタイ福音書6章1節〜4節


 
 
 特に私が好きなのは、右の手の所です。施しと言う表現は古い表現なので多少の違和感が有るかも知れないのですが、これを善意や好意(寄付)などに置き換えて見れば普段の生活にも当てはまる事では無いのでしょうか。
 幾ら良い事をしたり、相手にして上げたとしても、恩着せがましくしてしまっては折角の好意も、相手に取っては負担に成ったり、逆に悪意に取られたりすると思います。
  
 本当の善意は見返りを求めない事だと思います。
posted by 楽屋 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

コメント頂いていました。

 コメントを数件頂いて居たのですがここの所私色々とする事が多く、またブログに何時もコメントが有る訳でも無いのでチェックするのを怠ってしまっていました。
 返信を書きましたので、宜しくお願いします。
posted by 楽屋 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

今日で一区切り。

 今日は午前中病院へ行き、最後の検査をして来ました。
 レントゲン、血液とも正常だそうで、これで盲腸の事も一区切りです。
 そう言えば、体の中も溶ける糸で縫合してあるそうで、表面のホチキスは退院の時取れたのですが、体の中の方は数カ月掛かって溶けるそうで暫くは傷口が出っ張ったままの様です。
 
 手術から二週間程経ちましたがが、何だか随分前の事の様な気もして、微妙な寂しさも感じて不思議な気持ちです。。たらーっ(汗)
 とは言え、仕事の方が大分滞ってしまいましたので、何時までも痛がったり鑑賞に浸っている場合では有りません。早く仕事の方を通常のペースか、前以上にし無ければいけませんグッド(上向き矢印)
posted by 楽屋 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

本丸御殿

 今日は名古屋へ仕事を御納めに行きました。
 無事に納める事が出来ましたし、久しぶりお会いする方も有り良かったです晴れ

 帰り道、名古屋城の近くまで来て、本丸御殿の一部が見学出来る様に成った事を思い出し寄ってみる事にしました。
 以前の本丸は建物も無くガランとしていましたが、今は復元工事の建物の覆い等有って大分様子が変わりました。
 御殿は、流石に出来上がったばかりなので檜の香りが漂っています。まだまだ見学できるのは一部とは言え障壁画など見応えが有りますね。今はまだまだ玄関付近だけですから、これから主要な部分の復元が出来たら、さぞ煌びやかだろうと思います。

 金地に描かれた障壁画は普通の照明で見ると派手派手でちょっと遣り過ぎな感じがするのでしょうけど、御殿の中は照明がかなり押さえて有り、実際昔は自然光か限られた照明器具しか無い訳ですから御殿の内部は薄暗かったと思うのですが、このぐらいの光だと金が光を反射して少しだけ部屋の中が明るく成り、金地も派手と言うより艶かしく雅な感じがしますねわーい(嬉しい顔)

CAC2YBK0.jpg
posted by 楽屋 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

近状を色々と。

 退院してきて、少しづつ回復して来て段々と行動範囲を広げています。 
 退院鬱、みたいな症状があるのか、どうか、また仕事場に戻って来て、どうにも気持ちが落ち込み気味でしたが、こちらも段々とペースを戻したいですね。
 傷口は、動いたり咳をしたりすると痛みますねバッド(下向き矢印)早く元通りに成らないかしら。。
 そう言えば、うちには少し前まで猫が居て、猫が若い頃避妊手術と言うのをしましたが、手術して帰ってきて、まだ糸が入ったままなのに普通に動き回って、糸が気に成るのか歯で噛んで引っ張ったりしてましが、あいつらは痛く無かったのでしょうか。。。猫と人は体の仕組みがちがうのでしょうかねたらーっ(汗)

 さて、今日は鑑定会へ出掛けて来ました。成績はイマイチでしたね。ちょっと考え過ぎと頭に浮かばないのでいけませんね。
 
 三号刀は、互の目で焼きが明るく一見虎徹ですが、どうも今一歩、と思ったので三善長道に入れましたが外れで、二の札で思い直して虎徹に入れましたが、正解は興正の方でした。

 五号刀は難問で、来かと思ったのですがどうもスッキリせず、やはり外れで、それならセオリー通り之定に入れてみましたが、之定にしては出来が良過ぎる感じと刃中の沸が強く、また良く見ると刃中の働きも多くて、これまたスッキリしませんでしたが、やはり外れでした。次は思い切って延寿に行ってみて通りに成ったので、点数には成らないのですが4の札まで入れてみて、やっと当りました。
 直刃ですが、左文字でした。左文字の初期作の様です。相州伝とも違って見えるし、粟田口辺りとも違って見えるし、直刃だと中々頭の中に左文字の名前は浮かばないので迷走してしまいますねダッシュ(走り出すさま)
 忘れない様に次回見る機会が有れば分かるようにしたいですね晴れ
posted by 楽屋 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

虫垂炎の顛末記。

 私、一週間前に虫垂炎、盲腸に成り手術、入院する事に成ってしまいましたので、その顛末を記します。 
 病気の症状など参考に成る事も有るかも知れません晴れ

 先週の火曜日の夜9時ぐらいからお腹が張って来てキリキリと胃の辺りが痛み出し、食当りかなと思い正露丸を飲んで、その日は寝たのですが次の日に成っても相変わらずお腹の張りは収まらず、そのまま伝承館の刀剣の手入れが有ったので出掛けて、その帰り他の用件も有ったので掛かり付けの内科に行きました。
 
 診察した結果、虫垂炎かも知れないので血液検査する、との事で食当りが以外に大事に成ってしまい焦りましたが、かも知れないぐらいなので大丈夫かと少しだけ希望を持ちましたが、結果は芳しく無く紹介状を出してもらい大きな病院で精密検査と言う事に成りましたたらーっ(汗)

 盲腸と言うと下腹部に激痛が、と言うイメージだったのですが痛く感じるのは、みぞうち胃の辺りで、それ程激痛と言う訳でも無く、病院へ行かなければ、だたの腹痛で過ごしてしまうぐらいの感じです。

 さて、CTスキャンやら色々検査をした結果、やはり虫垂炎だったので、このまま手術して入院して下さいとの事で、予定の手術時間まで一時間も無いぐらいで、その日は朝手入れに出掛けてしまったので部屋もそのままの状態だし、何の用意もしてないので、一度帰してくれるか、次の日に手術では、と粘ったのですが、症状が進んでしまうのと手術の予定が決まっている、とかで聞き入れて貰えず、説明やらを聞いている内に時間がドンドン過ぎて行ってしまい、あっと言う間に手術に成りました。。がく〜(落胆した顔)

 手術するのは初めてなので、かなり緊張しましたが、向うは盲腸の手術ぐらいは慣れたものなので、これもドンドン進んで行きます。
 局部麻酔なので、背中に麻酔を打つのですが、麻酔が痛く無い麻酔の注射を最初にしたのが一番痛く、結構あちらこちらに打たれて、これは堪えました。。。バッド(下向き矢印)
 麻酔が効いてくると下半身に感覚が無くなり、自分の意志では全く動かす事も出来ずベットに足が張り付いて居る様な感覚でちょっと怖く成ります。
 手術そのものは布を顔の前に張って有るので見えませんが、何やら焦げ臭い匂いがしてから、色々処置をして、最後はバチンバチンと言う音がして(後で見たらホチキスの大きいのみたいなので止めて有りました)終了です。手術そのものは痛くは無いです。
 症状は、あまり痛くは無かった割には中程度ぐらいまでは進んで居たらしく、やはりここで手術をして良かったみたいです。
 ちなみに今は剃りませんよ。。

 と言う訳で、その後一週間入院に成った訳ですが、麻酔が切れると痛みも出て来て、痛み止めはしてくれますが、少しでも動くと激痛が走り寝返りなど絶対出来ないので、かなり辛いです。
 手術してから、何時間か経つとトイレに行かなければいけないのですが、動いた方が良いとかで自分で点滴を引きずってトイレまで行かねば成らないのですが、このベットから起きて立ち上がる時が、かなりの激痛で、その内起き上がるののコツを少しは掴みましたが最初の内はかなり大変で手術そのもの寄り、こちらの方が難儀しましたちっ(怒った顔)

 しかし、人の体は良く出来たもので、段々と回復していき少しづつ歩けるように成り、外に有る別のトイレ、もう少し先にあるサロン、エレベーターを降りた所の売店と歩ける距離を延ばして行き、今日無事に退院と成った訳です。
 ただ、まだ立ち上がったり歩いたりすると痛みが有り、完全と言う訳では無いのですが日常生活はどうにか出来そうです。
 幸い、それ程の肉体労働でも無いですし、長い時間通勤をする事も無いので助かりますね。

 色々と御心配をして頂いた方には感謝致します。
 盲腸と簡単に考えていても、やはりお腹を切ると言うのは結構な事で回復まで時間が掛かりますし、私の様にあまり痛く無くても症状が進む事も有る見たいなので、同じ様な症状が出たらお気を付け下さい晴れ

CAHLH4NY.jpg
 
posted by 楽屋 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

刀剣オフ会へ行く。

 土曜日は名古屋の徳川美術館の備前刀展の鑑賞と懇親会、刀剣オフ会なる催しに行って来ました。 
 前日までの悪天候から晴天に成り参加者も多くて盛況でした。
 徳川美術館の展示は、美術館の所蔵品の中から選んだものが多かった様で以前拝見したものも多かったのですが、やはり本物の持つ力はケース越しからも感じられます。出来れば、直接手に取って見てみたいのですが^_^;
 重要美術品の一文字の太刀は、一部刃が沈んだ様な部分が有るとは言え、刃文が高く、年月を経た差し込み研ぎの性か刃が浮いた様に白く輝き、以前にも拝見しましたが、とても感心しました。
 長義が有り、これは国広が擦り上げた刀ですが、これを写して山姥切の号の有る刀を作り現在はこちらの写しの方が有名に成ってしまった感じですが、本歌はこちらの方で山姥切は元々こちらの名号か、はたまた国広の写しの方の名号か、不勉強で分かりませんが、元の長義の刀も身幅広く焼き高く豪壮な刀で素晴らしいです。
 もっとも、国広の山姥切は実際見た事が有りませんが。。。

 さて、その後の懇親会もやや狭い部屋でしたが、かえって人との距離も近く、狭い世界に住んで大体同じ様な人としか合わないので交流出来て良かったです。

 
 
posted by 楽屋 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

誌上鑑定の事で。

 今日、刀剣美術が来て、誌上鑑定の年間の発表が載っていましたが、私も満点と言う事で名前が有り、はて、確か一回出し忘れた事が有ったはずと思い、協会へ電話して確認したら、やはりそうで訂正して貰った。
 正直者の私、金の斧貰えないかしら晴れ
 しかし、出し忘れたのが惜しまれるな。。。分からない問題では無かったのでバッド(下向き矢印)
 まあ、過ぎた事を言っても仕方ない、今年頑張ろう。 
posted by 楽屋 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

健康診断へ行く。

 今日は何だか取っても蒸し暑いですね〜雨

 市から健康診断の知らせが来たので言ってみる事にした。
 会社に勤めている訳では無いので定期的に健康診断を受ける様な事も無いし、500円だし、たまには受けてみる事にした訳です晴れ

 行ったのが平日の午前中ですから来ているのは、それなりに年齢が行っている方達ばかりで、何だか場違いの所へ来てしまった気がして、ちょっと気恥ずかしく成りました。。
 問診やら血圧やら採血やらして帰って来ました。
 今日の採血は血を取る量が結構多かった。
 何はともあれ、体重を減らさないと行けないですね。。それ程大食いしている訳では無いと思うけど、若い頃は、すこし食べないとそれなりに体重も減って行ったのですが、段々少しぐらいの事では効果が無く成った気がして代謝が悪く成っているのかも知れませんねバッド(下向き矢印)
 結果が出るのはもう少し先。何事も無いと良いけれどわーい(嬉しい顔)
posted by 楽屋 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

白鯨

 白鯨を読みました。手を付けたからには完読しようと思いましたが、中巻の途中で力尽き一年以上ほったらかしにしていましたが、また再開して何とか最後まで辿りつきました。。。
 正直長い小説です。分量で長い小説は幾らでも有りますが、長さを感じさせる、という意味では相当なものです。
 話は遅々として進まず、話が動き出すのは下巻に成ってからで、それまでは捕鯨船の日常と極少しの捕鯨の描写の他は、本筋と関係無く入る膨大な鯨の知識とウンチクで、この小説は日本にペリーがやって来るより前のものですから鯨知識もその当時のもので、かなり古臭く特段興味を覚えるものでは無いので、読む進む気力の前に立ちはだかりますたらーっ(汗)

 とは言え、聖書からの膨大な引用と比喩と白鯨を追い掛ける異常な執念の物語は最後まで読めば大きな満足感を得られます(多分)晴れ

 ちなみに小説の登場人物にスターバックと言うのが出て来ますが、某コーヒーチェーンの名前の由来らしいですが、スターバックがコーヒー好きでも無くコーヒーを飲む所も出て来ませんあせあせ(飛び散る汗)

CA1LE3QZ.jpg
posted by 楽屋 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

字の練習。

 スキルアップの為に書状書法と言うのを初めてみた。
 中々難しいですね。当たり前ですが^_^;
 大人に成ってから書道を少しやってみた事が有るのですが中々続かず、子供の頃のをずっと続けていたらな〜とは良く思うのですが、今度のは実用的な事柄なので続けて字が上手く成りたいな、と思っています。
 何事も修練なので、毎日少しづつ練習しています晴れと言っても、まだ2週間ほどですがあせあせ(飛び散る汗)

 CAN441D8.jpg
posted by 楽屋 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

昼下がり。

 昼下がりの関市の裏通り。
 人も誰も通らないし、車も来ない。。。たらーっ(汗)

CA1DOP2L.jpg
posted by 楽屋 at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

研修の事。

 今日、刀剣美術が届き、早々と夏の研修会の告知が出ていました。
 今年から、また研修費の助成が有るみたいですね。
 私は、一昨年で研修期間は終了しましたが、研修費が出てので行けた様なもので、地方在住者には、とても有難い事ですし、復活して下さり感謝ですね。
posted by 楽屋 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

近状を。

 桜もこの前の嵐みたいな天候の性で、すっかり散ってしまいましたバッド(下向き矢印)
 写真は散る前に撮ったもので、卒業した小学校の桜です。学校も春休みで人も居ないし、場所柄花見客もいないので静かに見るのには最適の場所です。ここの桜は古木が多く木自体が大きいので花も沢山付き、一番きれいな桜と思っています。
 手前の赤いのは花では無く、アカメガシと言う木です。
 蛇も春なので出て来ていました。冬眠明けなのか、のそのそして居て車に引かれそうなので、尻尾をつっついて藪の中へ追い込んでおきましたわーい(嬉しい顔)

 さて、最近は有難い事に、お問い合わせのメールや実際の御依頼を頂く事も増えて来て、私一人でメール返信やら事務的な仕事もしないといけないので、慌ただしく成りますが、これは嬉しい悲鳴でしょうか晴れ
 お待たせする期間を成るべく短くするべく、工作に出す段取りなど考えなければいけませんね。

CA9BUNJS.jpg

CAF12MAP.jpg

 


posted by 楽屋 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

色々と。

 色々と気を揉む事が多いです。
 今日は居合道の大会、と言う事で名古屋まで行ったのですが、前回と大会会場が変わっていて、慌てる。。電車では間に合わないので、仕方なくタクシーに乗る。全く余計な出費だバッド(下向き矢印)それ程、どうしても出たいと言う訳でも無いのに。。。
 タクシーの運転手は黄さん、と言う多分中国人と思われる人で、ちょっとカタコトで、こんな急いでいる時に果たして道を知っているのか、不安に成るが乗ってしまったので、そのまま御任せする事にする。
 しかし、道は良く知っていたし、気さくな感じの人で先入観を持って人を見てはいけないです。
 兎も角、無事に着き、着いて練習する間も無いので、直ぐ演武だった。
 結果は、3位と言う事で、一応賞状は貰えたわーい(嬉しい顔)ただ、出た4段の部は、6.7人しか参加者が居ない中の3位なので、かなり微妙な順位だ。まあ、とは言え、4位と3位では気持ちも大分違うので、良かったと言う事にします。
 
posted by 楽屋 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする