2015年05月28日

小旅行記(丸岡城、一乗谷)

 さて、瑞龍寺を出てもまだ正午ぐらいなので、折角北陸まで来たのだから普段行けない所まで行く事にしました。
 まずは石川県を縦断して福井に向かいました。

1432645902178.jpg

 丸岡でインターを下りて丸岡城に行きました。ここは現存天守が残る貴重な城なので期待して行きましたが、城の有る所は周りは住宅や現在の建物に囲まれた本当に小さな丘で堀も石垣も周りに無く少々拍子抜けしました。
 城の有る丘もあまりにも公園化してしまって居る為に元の石垣も破壊されてしまい殆ど残っていません。
 天守だけがポツンと立っている感じです。もう少し景観とかも考えて整備した頂きたいものですねたらーっ(汗)
 天守は現存最古級と言われるだけに如何にも実戦向きと言う感じで階段も恐ろしく急です。
 ただ、同じ最古級の犬山城と比べても優美さは無く内部の造りもシンプルです。福井地震で倒壊したのを組立直したらしいのですが、確かに地震でも崩れそうな感じはしますあせあせ(飛び散る汗)
 黒沢監督の「乱」と言う映画で燃える城のモデルに成っていまして仲代達也が階段を下りて来る所が印象的ですが、丸岡城の正面の階段は後からの改変の様で元々は違う様式だったみたいです。
 丸岡城 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B2%A1%E5%9F%8E

1432645960053.jpg
1432645961351.jpg
1432645960745.jpg

 丸岡を後にして次は一乗谷遺跡へ向かいました。
 こちらは時間が遅く成ったので、行こうかどうしようか迷いましたが行って良かったです。
 素晴らしく良い遺構です。
 谷の入り口出口を塞ぐ土塁から谷の内部の色々な遺跡がとても良く整備されています。
 庭園の跡も良く整備されていて往時を想像出来ます。
 谷間なので日当たりが悪いのかと思って居ましたが、そんな事は無く日当たり良好でとても明るく鶯が鳴き山は豊かな木々で覆われて大袈裟な言い方ですが一種の桃源郷の様な所です。
 当時は、町も整備されて人で賑わって居たのですから尚の事と思います。
 ここで100年の間安穏と暮らしてしまい朝倉氏は戦国大名として遅れを取り滅んで仕舞ったのかも知れません。。
 一乗谷 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%B9%97%E8%B0%B7%E6%9C%9D%E5%80%89%E6%B0%8F%E9%81%BA%E8%B7%A1

 帰りは越前大野市を経由して九頭竜湖を経て岐阜大和辺りに出て帰りました。越前大野城を見れなかったのは残念ですが、また次の機会に見たいです。
 帰り道は大自然の中を曲がりくねった道が通り走り屋が喜びそうな道でした。
 しかし、ここでも谷間には人が暮らしていて列車の駅まで有るのには驚きました。
 中々長い移動で疲れましたが色々見学出来て良かったです晴れ
posted by 楽屋 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

小旅行記(高岡編)

 さて高岡市で一泊して折角なので高岡市の名所を散策してみる事にしました。
1432645826692.jpg
1432645826163.jpg
1432645825814.jpg

 まずは高岡城跡に行って来ました。ここは前田家二代の利長の隠居城として築かれた城で堀と土塁が良く残っています。ただ石垣は少ししか有りませんでした。
 何やら明治頃に護岸工事に石垣を転用してしまったそうです。
 現在城跡は高岡市の施設と公園に成っていて観光客は殆ど居らず市民の憩いの場と言う感じです。
 高岡城http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B2%A1%E5%9F%8E

 さて御城の近くには高岡大仏と言うのが有り見てきました。画像は無いので気に成ったら検索して下さい。
 野晒しでこじんまりした大仏様で作られたのも、それ程古くは無いみたいです。
 日本三大大仏の一つ、と書いて有りましたが他二つは奈良と鎌倉で決まりですが後一つは、どこに成るかは微妙で岐阜市にも岐阜大仏成るものが有り、こちらも日本三大大仏と言う事に成っています。高岡大仏よりかなり大きいです。ただ銅製では無く御経を書いた紙作って金色に塗って有ります晴れ

1432645825385.jpg
1432645903759.jpg

 さて、それからは瑞龍寺と言う場所に行きました。これは国宝の建物が並ぶ大変に立派な御寺です。
 ここは前田利長の菩提寺として造られた御寺です。
 大きな山門を抜けると伽藍が有りますが、芝生に囲まれて居て独特の雰囲気が有ります。
 屋根は金沢城と同じ様な鉛葺きです。
 内部は禅宗の御寺なので外見と比べると意外に質素な感じです。
 ここから少し行くと前田利長の墓所が有りますが、こちらも堀を巡らし高く石段を積み上げた大きな墓所です。
 瑞龍寺http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%91%9E%E9%BE%8D%E5%AF%BA_(%E9%AB%98%E5%B2%A1%E5%B8%82)
posted by 楽屋 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

小旅行記(金沢編)

 土曜日は石川県立美術館での刀剣オフ会に参加すべく金沢まで行って来ました。
 オフ会は午後からなので、折角金沢まで行くので午前中は兼六園と金沢城を見学しました。
 
1432569961810.jpg
 兼六園は言わずと知れた広大な庭園です。
 大きな池や樹木が綺麗です。
 
 
 しかし私はお城の方に寄り興味が有るので、ここはざっと見学して金沢城へ行きました。兼六園とは大きな谷(堀跡)を隔てて橋で繋がり橋を渡ると豪壮な石川門が有ります。
 私は石川門へは入らず大手門の方へ歩き、そちらから入る事にしました。こちらから入ると観光客も少なく市民の方のいこいの広場と言う感じです。
1432568110216.jpg

1432568109937.jpg

1432569961338.jpg

 金沢城は広大な城では有りますが、100万石の城の割にはコンパクトな城の様な気がしました。
 門の石垣は赤みががった綺麗な切石を色違いに積んで見せる、と言う事を重視した感じです。
 また上に乗っている門も無骨と言うよりは白壁の下を海鼠塀にして瓦は鉛葺きと言う華麗な門構えに成っています。
 櫓や門は現存の物と近年再建されたものが有りますが、再建もコンクリートで外見だけでは無く、木造で往時の姿で建てられていて、とても良いです晴れ内部も見学できます。
1432568109628.jpg

 門を入ると二の丸に至りますが、ここが江戸時代には御殿が立ち並び藩政の中心に成っていたらしいです。
 本丸は焼失した後は再建されず放置された様で現在でも鬱蒼とした森に成っています。
 本丸の石垣は二の丸辺りとは違い、前田利家の創建時代のままなのか古風は感じがします。
 ただ、城の中では一番の高所なので三段に成った高い石垣で迫力が有ります晴れ


 その後は、オフ会の参加者さん達と合流して現在公開中の大典太、太郎作正宗、富田郷を拝見しました。三振りとも国宝です。大典太は前田家の至宝ですので展示される事も稀で今回も30年振りぐらいの展示だそうです。
 オフ会には、Twitterで集まったと言う刀剣女子の方々10名程も合流して最近のゲームの影響力を感じますあせあせ(飛び散る汗)
 太郎作正宗と富田郷の押形です。
 1432568108906.jpg
1432568108160.jpg

 その後は、高岡市に場所を移しての懇親会に成り刀剣談義をして暫し楽しい時を過ごしましたわーい(嬉しい顔)
posted by 楽屋 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

賞状書法の。。

1431752313168.jpg

 賞状書法の三級と言うのを頂きました。賞状の文字とか宛名とかを楷書でキッチリと書く書法です。
 月に二回とは言え、それなりの期間通ったので貰えて良かったです。
 実際の字は中々上手く成らないですが達筆に成るべく練習したいですね晴れ
 
posted by 楽屋 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

刀の鑑賞。

 以前の日記にも書きましたが、最近ゲームの影響で刀ブームが起こっているみたいです。
 博物館などへ行かれる方も多い様で、以前は閑散としていた東京国立博物館の刀剣展示室も結構賑わっていると聞きました。

 しかし、ケース越しでは分からない事も多いと思います。実際に刀剣を手に取って見てみたいと思う人も居ると思います。
 買わなくても鑑賞会と言うものが有り手に取って観る事は出来ますので、もしも興味の有る方が居ましたら情報提供は出来ます。ただし一定のマナーは有りますので、それを守れる方です。
 メールで御連絡下さい。メールには件名と御名前は書いて下さいね晴れ
posted by 楽屋 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

美濃金山城

 美濃金山城に登城して来ました。
 それ程遠い所では無いのですが、中々機会が無く今回初めて来ました。
 山城ですが、山頂近くまで車で行けるので登るのにはそれ程苦労せず有難いです晴れ
 森家所縁の城で森蘭丸もここで生まれたそうです。
 森家は武門の家ゆえか戦いで討ち死にした人も多く悲運の一家ですね。
 
 城の詳しい事はウィキペディアを御参考下さい⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%B1%B1%E5%9F%8E_(%E7%BE%8E%E6%BF%83%E5%9B%BD)


 城は江戸時代初期には廃城に成り建築資材は近くの木曽川から筏を組んで犬山城と城下町へ持って行ったそうです。石垣は崩れるに任せて崩壊している所と意図的に壊した所があるみたいで石材が散乱しています。
 近年発掘されているので、草木が適度に刈って有り城の廓の配置などは良く観察出来ます。

 1430904022199.jpg
 駐車場の有る出丸部分で石垣が良く残っています。ただ、ここを整備した時に手直ししている感じは有りますね。

 1430904078044.jpg
 二の丸には桝形門の跡が残っていて、そこを抜けると本丸です。本丸には建物の礎石が残っていて興味深いです。それ程広くは無いですが案内板を読むと天守や矢倉、御殿が有ったらしいです。神社の祠が有るあたりが天守跡の様な気がします。
 敷地が狭いので普段は麓に屋敷が有りそこに住んで居たのかな、とも思いますが天守の内部も人が住めるような安土城型の建物だったかもと想像したりしました。

 1430904051731.jpg
 天守台の裏側、ここは良く石垣が残っています。石材が散乱していて廃城の時意図的に石垣を崩したのかも知れません。
 
posted by 楽屋 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

桜。

 1428484891846.jpg
1428484868639.jpg

 桜が咲いたと思ったら、ここの所の長雨で早くも散り始めている。
 卒業した小学校の桜です。ここの桜は古木が多く花が多いので見応えが有るので毎年見に行きました。
 ただ、最近は世知辛い世の中ですので小学校の周りをうろついていると不審者扱いされかねないので注意しなければいけませんたらーっ(汗)
 小学生だった時から早30年近くを経ました。。当時こんな先の人生が有ると分かったら絶望してしまったかも知れないな、等と思い人は未来に対して無知なので生きて行けるのかな〜等と散り行く桜を見て感傷的な気分に成ったのでした。
 以前にも載せましたが、

 少年易老學難成
 一寸光陰不可輕
  未覺池塘春草夢
   階前梧葉已秋聲

    少年老い易く学成り難し
     一寸の光陰軽んずべからず
      未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢
       階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋声

 昔の人も今の人も、ふと立ち止まる時思う事は同じなのかも知れませんね。
posted by 楽屋 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

ノロか、何か。ここ数日の私。。

 汚い話が多いので最初に御断りしておきます台風

 金曜日の夜、急にお腹の調子が悪くなり最初は普通の腹痛と思い正露丸を飲んで済ませていましたが、その後どんどん症状が悪化してきて、30分に一回ぐらいはトイレに駆け込む猛烈な下痢に成り、次いで吐き気も襲って来て滝の様に吐く事数回で朝まで一睡も出来ませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

 翌日這う様にして病院へ行き点滴と薬を貰いました。ノロウイルスの診断は検査が居るのでしませんでしたが、症状からして可能性は有るとの事でした。
 下痢だけでも止めて貰いたいのですが、出すのを止めるとウイスルまで出なくなり余計に症状が重く成るとの事で出して貰ったのは腹痛の薬だけで、ノロウィルスの特効薬も無いらしく、その後二日間30分ぐらい感覚の下痢に苦しみました。薬も全く効きません。
 薬を飲むために食べねばと思うのですが、体が受け付けませんし無理して食べても吐いてしまうので結果栄養には成りません。水分も取りますが沢山飲むと吐くので水分補給に成らず喉の渇きに苦しみましたたらーっ(汗)

 やっと日曜の夜ぐらいから症状が少しマシに成りましたが、食べれず寝れずで体力の消耗が激しく少し動くと疲れてしまい直ぐには何も出来ません。。
 それでもやっと昨日からお粥ぐらいは食べれる様に成り、今日から何とか仕事もし始めましたが、今まで経験した事の無い症状で大変でしたバッド(下向き矢印)

 汚い話で失礼しました。皆様お気を付け下さいませ。。。
posted by 楽屋 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

インフルエンザ

 御無沙汰しております。ここ数日はインフルエンザに成ってしまい臥せって折りましたバッド(下向き矢印)

 昨年に予防接種はしたのですが、どうやら今回は効果が無かった様です。普段から手洗いうがいで予防していたのですが掛かってしまい情けない限りです。
 先週半ばに新年会が有ったのですが、その時点で咽喉が痛かったのですが少々無理をして出掛けたのが悪かったのか、次の日に成り熱こそ高く無いのですが悪寒、吐き気等の症状が出て病院へ行って検査したところ、インフルエンザA型との診断が出ましたたらーっ(汗)
 最近は良いタミフル以外にも良い薬が有り、イナビルとか言う吸入薬でインフルエンザの治療をしてその他薬を色々貰って帰って来ました。一旦回復したと思ったら三日経ったぐらいから鼻水が止まらなく成り咳も出て少しぶり返してしまい、また日曜に成ってしまい病院も休みで運が悪く結局寝込んでしまいました台風

 とは言えども高熱が出る前に治療したのは不幸中の幸いでした。予防接種を受けていても掛かる事も有りますので、風邪の初期症状が出たら早めに検査されるのをお勧め致します。
posted by 楽屋 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

本年も有難う御座いました。

 1420018237920.jpg

 本年も多数の御依頼を頂き有難うございました。
 先年に比べても御依頼数が増えたせいで御待たせをする時間が長くなってしまい、御迷惑をお掛けしてしまい申し訳御座いません。
 アベノミクスの効果か刀剣界の景気も少し向上した様で、職方さん、刀屋さんも忙しくされた一年の様に感じます。
 今年はコンクールの方も、また何とか入賞に復帰出来てホッと致しました。
 来年は更に上を目指して精進して行きたいと思います。
 どうぞ、来年も御支援宜しく御願いを致します。

 
posted by 楽屋 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

カブトムシ。

 蒸し暑い日が続きますが如何お過ごしでしょうか?
 私、早くも少々バテ気味ですが、梅雨明けして気候が落ち着けば大丈夫でしょう晴れ

 今日は仕事場の外に、埃まみれのカブトムシがひっくり返っていました。突いてみたら、また生きていて動くので近くの大木の根本に置いた所、最後の気力を振り絞りガシガシ木を昇り樹液を吸いだしましたひらめき
 頑張れカブトムシよexclamationCANXVXF2.jpg

posted by 楽屋 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

まだ続けています。

 中々上達しないですが、賞状書法続けています晴れ
 CADS3WWQ.jpg
posted by 楽屋 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

久しぶりに更新。

 久しぶりに日記を書きます。
 ここの所、色々事情が有り忙しくして折りました。来週は、また急ぎ仕事が有るので連休は関係無しですね。それが過ぎれば少しは楽に成るかも知れないので、そこまでは踏ん張らないといけないのです。
 日記も書かないとアクセス数が目立って減ってくるので、取りとめの無い事を書いて下りますあせあせ(飛び散る汗)

 先週は、一日息抜きでお休みして、遠方から来られた方をあちらこちら御案内して、久しぶりに犬山城辺りまで行きました。楽しかったので良い気分転換に成りましたね晴れ

 今日は、やっと車検が終わって、ホッとしました。。車も古く成ると直す所が多く成り車検もちょっと恐怖です。これがプリウス辺りなら基本料金ぐらいで済むのかも知れませんがたらーっ(汗)
 車検も、二か所ほどで見積もりをして貰いましたが、こちらとあちらでは言う事が違い、何だか車検と言うのも良く分からないものですねあせあせ(飛び散る汗)
 田舎に住んでいると車が無くては生活が出来ないので車検も致し方無いですね晴れ
posted by 楽屋 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

荷札差し上げます。

 画像の様な荷札を沢山頂いたので、御入り用の方が居ましたらお分け致します。
 メールかFAXで御連絡下さい(電話は御遠慮下さい)

 CANH6KED.jpg

 御刀研磨処楽屋 http://www.h4.dion.ne.jp/~katanaka/index.html
posted by 楽屋 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

桜。

 桜の季節も後少し。慌ただしく咲いて散っていきます。
 散歩は桜の咲いている所を廻っていますわーい(嬉しい顔)


CABBGJ0W.jpg

 ひさかたの 光のどけき 春の日に
    静心(しづごころ)なく 花の散るらむ
posted by 楽屋 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

印象派展へ行く。

 名古屋へ納品に行きまして、折角なので名古屋まで来たので愛知県美術館の印象派の特別展を見て来ました。
 
 私は、子供の頃、画業に憧れてその様な大学へ進みたく、デッサンやら油絵などを習った事が有り、まあ、思いこみ程実力は無く大学は受けた所を全部落ちてしまい、その頃には自分の限界点や情熱も薄く成ってしまい、そちらの方面は諦めてしまったのですが、純粋に鑑賞するのは好きで興味の有る展覧会だと、西洋、東洋問わず見に行っています。
 展覧会を見ると言う事に関しては、刀の展覧会より熱心かも知れないですねあせあせ(飛び散る汗)
 刀はケース越しだと良く分からないのですね。。。それでも実物の大きさ等は実際見て見ないと分からないので見る事は大事なのですがダッシュ(走り出すさま)
 
 印象派から点描、抽象絵画まで時代を追って展示されているので、とても分かり易いです。
 ゴッホの種まく人他、モネ、スーラ、ピサロ、モンドリアン等など良く知られた画家の作が多く、また展示の直ぐ近くまで寄って鑑賞出来るので、実物の筆の跡や動きなども見て取れて迫力が有ります。
 点描は、ただ当てずっぽうに点を打って居るのでは無く論理的に色の点を配置しているのですね晴れ(インクジェット印刷が拡大すると色の点で構成されているのと同じ事の様です)
 
 今週の日曜までの会期ですので、興味の有る方は御出掛け下さいわーい(嬉しい顔)

 愛知県美術館 http://www-art.aac.pref.aichi.jp/
posted by 楽屋 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

桜。

 早咲きの桜が満開だった晴れ
 普通の桜は、まだ蕾だったけどあまり早く咲いてしまうと、あっと言う間に散ってしまうので咲いて欲しい様な、まだ咲きでも良い様な気持ですわーい(嬉しい顔)CATABFU3.jpg

posted by 楽屋 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

久しぶりに更新。

 前の日記から一週間経ちました。
 今週は下地研ぎばかりしていました。新作の平造り脇差しの研磨を進めつつ、古作の平造り脇差し、大切先の薙刀直し風の造り込みの新刀脇差しの下地研ぎも行なっていました。
 来週は仕上げの方の作業に成る予定です。
 その後は、またまた新作の刀の下地研ぎをしないといけないのですが、下地研ぎに掛けれる日数がややシビアなので、どうなるやら。。。がく〜(落胆した顔)

 体調の方は、まあまあ回復80%ぐらいでしょうか。。。仕事している最中は良いのですが、作業を止めると疲れが出る様で中々本調子に戻りませんが気長に治したいですね晴れ
 日光を浴びて歩くのが良いとの事で、まあ、これはダイエットも兼ねてテクテク歩いています。
 本当は朝方生活にしたいのですが、長年染み付いた生活習慣は簡単には変わりませんねたらーっ(汗)
posted by 楽屋 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

梅が咲く。

 桜は満開と言うけれど、梅は満開とは言わないですねわーい(嬉しい顔)
 桜よりお淑やかな感じか。
 梅の咲く頃は、まだまだ寒いですが梅が散ると、いよいよ桜が咲いて春が来ますね。
 
 CAYMYP8U.jpg

  梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや
posted by 楽屋 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

夢見る。。



 随分昔の歌ですが、現在かえって新鮮に聞こえますね〜
 微妙でたどたどしい歌唱力が魅力ですわーい(嬉しい顔)
 
posted by 楽屋 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする