2020年09月13日

研磨した刀剣の紹介(銘 一)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。一文字の太刀です。
 太刀表に楷書に一の銘が有ります。
 一文字派は備前国に鎌倉中期ぐらいに起こった流派で福岡一文字、岩戸一文字、吉岡一文字等の派が有ります。
 
 令和二年度の現代刀職展に於いて協会会長賞を受賞致しました。

 生茎在銘で茎先を少し摘み、反りが高い太刀で、地鉄は総じて詰んで所々大肌交り地沸付き元に丁子映り中程からは乱れ映りが現れています。
 刃文は元の方は焼やや低く始まり蛙子丁子等交えて中程から焼高く重花丁子に成り物打ち辺から焼が低く成り切先に乱れ込みます。

 この太刀は研磨前は古研ぎで保存刀剣等の指定も受けていない状態でした。
 研磨は古く映りは見えましたが、地鉄は小肌がふさり大肌だけが目立ちました。
 研磨作業はハバキ元や物打ち刃先他所々錆が有りましたので、錆は備水砥で除去しました。
 物打ち辺は研磨し難い場所で錆が意外に深く取り去るのに難儀しました。
 下地研ぎを進めて、仕上げ研ぎでは小肌を綺麗に出して大肌が成るべく目立たない様に心掛けました。ただ、あまり肌を起こすと映りが見え難く成るのでその辺りの兼ね合いには気を使いました。
 刃取りは出入りの大きいので必然的に時間が掛かります。品良く丁子の雰囲気が出る様に刃取りしました。
 研磨は気を使い時間も掛かりますが締め切り厳守で中々大変でしたが、良い結果も頂く事が出来て良かったです。

 その後の審査で福岡一文字の極めに成りました。

 現代刀職展は両国の刀剣博物館で10月18日まで開催されています。

 10.jpg

9.jpg

8.jpg

7.jpg

6.jpg

5.jpg

4.jpg

3.jpg

2.jpg

1.jpg



 
posted by 楽屋 at 23:22| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。