2019年07月07日

2019年度現代刀職展授賞式 研磨した刀剣の紹介(古備前行秀)

DSC_1587.JPG
 
 DSC_1595_3.JPG

 7月5日、東京両国の刀剣博物館で行われた現代刀職展授賞式に参加して来ました。
 令和に成り初の現代刀職展に成ります。
 本年度は、鎬造りの部で特賞竹屋賞、平造りの部で優秀賞を頂きました。
 鎬造りの部は「太刀 古備前行秀」平造りの部は「短刀 義助」を出品させて頂きました。
 出品に御協力頂けた御刀の御持ち主様には感謝致します。
 
 短刀の義助は3月24日に画像を掲載致しました作品です。http://katanatogishi.seesaa.net/article/464790753.html

 本年は特賞と優秀賞を頂く事が出来て良かったです。更なる技術の向上をして上位の受賞を続けていけるようにしたいと思います。


 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 古備前行秀の太刀です。無銘ですが生茎の健全な作品です。

 古備前は最初に備前に現れた刀工の集団で、友成、正恒など沢山の名工が居ます。

 行秀は在銘が数振り存在しており刃文がやや逆掛かり二重刃に成るのを特徴としています。
 この御刀は元と先幅があまり変わら無い豪壮な姿で反り高く鎬が高く平肉が付き、地鉄は細かく詰み精美で地景細かく入り地沸厚く付き映りが立ち、刃文は小沸出来で大変明るく冴え小互の目逆足が入り、刀身中程から断続的に二重刃に成り切先まで続き裏の切先は三重刃に成り古備前行秀の特徴が良く現れています。

研磨作業は古研ぎで地鉄がふさっていましたので細かい肌や働きが出る様に心掛けて、尚且つ映りも極力見える様に作業しました。

3.jpg

2.jpg

1.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg





 
posted by 楽屋 at 23:02| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。