2018年04月21日

研磨した刀剣の紹介(貞宗と銘がある短刀)

 研磨作業を差せて頂いた御刀の紹介をします。
 貞宗と銘の有る短刀で、相州の貞宗には在銘が有りませんので、それとは違う貞宗と思われます。
 研磨作業をする前は錆身で地刃が分からない状態だったので偽名かと思って居たのですが、作業を進めると激しい皆焼の刃文が現れ、銘も相応の時代を経ていて偽名とも思われない様に感じました。
 銘鑑で調べてみると薩摩に江戸末期に貞宗と言う刀工が居る様です。茎先の形状も奥元平を思わせる様な形状です。
 現状では真贋は不明ですが、地刃の出来と合わせて興味深い御刀です。

h.jpg 
h2.jpgh3.jpgh4.jpgh5.jpg
posted by 楽屋 at 22:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。