2016年09月11日

山梨へ行く。

 土曜日は、研磨し終わった御刀を御納めするべく山梨県の刀匠の所へ出かけました。
 以前一度、こちらにも来てくれたので返礼の意味合いも有りますし、どの様な場所か興味も有りましたので行って来た次第です。

 山梨へは車で約4時間ほど掛かりました。
 山梨は盆地ですが、周りの山々が関市辺りより一段と高く雄大な景色でした。
 刀匠の鍛錬場は中々の山の奥まった所では有りましたが、この様な場所の方が鍛錬するには良い場所だと思いました。刀匠は作業場は火も使いますし音も出ますから場所選びも大変だと思います。
 御刀は無事に納める事が出来ました。
 今回は差し込み研ぎで仕上げて自画自賛する訳では無いのですが、中々良く仕上がったと思いますし、作刀自体も高水準に達していると思います。
 作品は、また別に御紹介します
 1473515391277.jpg 

 さて、午前中に刀匠宅に行きましたので午後は折角なので山梨県の甲府周辺の城や名跡巡りしてみました。
 時間が限れているので駆け足に成りました。
 最初は甲府城に行きました。
 所々改変はされていますが、遺構の保存は良く石垣が高く見応えが有り行って良かったです
 現在は堀が埋まっているので道からいきなり石垣が立ち上がっている感じです。
 
 1473515481015.jpg
 1473515390924.jpg

 その跡は武田神社、武田信玄の居館跡の躑躅ヶ崎館跡に行きました。
 平城の中世風の居館ですが、扇状地を登った所に有り背後には詰めの城、要害山城も控えていて守りは堅い城です。
 武田信玄の時代から後は、織田、徳川、豊臣の系統の大名が支配して拡張や補強もしているので全てが信玄時代の遺構では無い様ですが、こちらも遺構の保存整備状況は良く楽しめます。
 堀の深さは圧倒的です。
 宝物館には、重文の一文字太刀や風林火山の旗なども展示されています。
 
1473515480582.jpg
 1473515479957.jpg

 その後は、信玄墓所やドラマの真田丸でも少し登場した新府城に行きました。
 新府城は夕方と言う事も有りましたが、周りに民家も無いですし、人気も無く何とも言えない妖気の漂う様な場所で、しかも蚊がやたらと多いので早々に退散しました。
 後で調べたら結構有名な心霊スポットらしいです。。

 と言う訳で色々散策して帰って来ました。
 無事に納品も出来ましたし、中々行く機会の無い山梨県にも行けて良かったです。
 
 
 
posted by 楽屋 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック