2015年08月01日

小倉山城

 ブログも滞り勝ちですし、かと言ってそれ程書く事も思い付かないので近場のお城の紹介をします。
 関市の隣町、美濃市にある小倉山城です。地元の人以外は殆ど知らないと思います。
 飛騨高山城主の金森長近と言う武将が造った城です。関ヶ原合戦の後、加増された上有知に新たに隠居城として築城しました。それに合わせて城下町、川湊も合わせて整備しました。
 隠居城なので、あまり大きくは無いですが本丸には中々立派な石垣が残っています。
 公園化が進んでいるので遺構が破壊されている所が有り残念です。もう少し遺跡として整備した欲しいのですが。。
 城自体は、長近最晩年の子供に継がせましたが早逝してしまったので改易に成り廃城に成り、その後は尾張藩領に成り代官所が置かれました。

 1438436102627.jpg
 本丸の石垣。巨石が積んで有ります。本丸は山の中腹に有ります。櫓が有り鐘が吊って有ったそうで、鐘自体は場所を変えて現存しているそうです。建物は、どんなものが有ったのか全く分かりませんが飛騨高山城が居館と天守が一体化した特異な形式の城だったので、こちらもその様な建物だったのかも知れません。茶人大名として有名でしたので、数寄を凝らした庭園や茶室が有ったのかも知れません。

 1437364469838.jpg
 二の丸、現在は駐車場です。二段の石垣が有ります。入り口付近は公園化の時改変されているので遺構が分かりません。どんな建物が有ったのか全く不明です。本丸が狭いので大広間の様な建物が有ったのか、幼い藩主の母親が住んだ屋敷が有ったのでしょうか。

 1437364470251.jpg
 三の丸 現在は図書館が立っています。石垣が少し残っていますが、民家が間際まで建っているのでどれぐらいの規模の石垣か把握出来ません。本来は城下から来た時は、ここが最初の入り口なので厳めしく門を構えて居たと思います。米蔵などが有ったのかも知れません。

 1437364469435.jpg
 二の丸の端に有る堀切跡。尾根続きで隣の丘と繋がっていたので、ここで城内を区切っていた様です。

1437364469082.jpg
 堀切上に有る曲輪跡。土塁状の物が有りますが遺構かどうかは分かりませんね。この曲輪上には忠魂碑が有る広場が有りますが、ここの曲輪跡の様な気がします。

 1437364433353.jpg
 山上。展望台が立っている。岩盤が剥き出しに成っているので、当初から建物は無かった様な気がします。人工的な平地、と言う感じもしません。

 1437364506131.jpg
 縄張り図。

 1437364434333.jpg
 こちらに城が移る前は、鉈尾山城と言う山城が有りました。こちらに城が移る時廃城に成りました。
 
posted by 楽屋 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック