2018年01月03日

研磨した刀剣の御紹介(研磨外装技術発表会出品作)

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しく御願いを致します。


 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 昨年の刀剣研磨外装技術発表会(研磨コンクール)に出品差せて頂いた、基光の刀と来国光の短刀です。

 鎬造りの部に出品しました御刀は無銘、基光です。努力賞を頂きました。
 基光は長船兼光の弟子の刀工で南北朝期に活躍しました。
 この御刀は、南北朝の的な姿で身幅広く切っ先が大きく成り、元は長大な太刀だったと思われますが後世擦り上げられて常寸無銘に成りました。

 鍛えは板目、杢目交り、地景複雑に入り地沸厚く付く相伝備前の地鉄に成り、元には乱れ映り中程は棒状の映りが立ちます。
 刃文は、互の目、丁子交りの複雑な刃文に所々飛び焼が有り、小沸出来です。

 研磨作業は地鉄の働きが良く出る様に、合わせて映りも見良く成りように心掛けて作業致しました。
 刃文は複雑ですので品良く見える様に留意して作業致しました。

 h1.jpg

h2.jpg

h3.jpg

h4.jpg

h5.jpg

h6.jpg




 平造りの部に出品差せて頂いた御刀は折り返し銘の来国光です。努力賞を頂きました。

 来国光は来国俊の子で南北朝期に活躍しました。
 来国俊より時代を反映して大振りも姿に地刃相州伝の色合いが強く成ります。

 この御刀は元はもう少し長さが有り1尺を超える寸法だったと思われますが、擦り上げられて銘は折り返して残されました。
 裏の元に添え樋の痕跡が有りますので、元はもう少し身幅、重ねが厚かったと思われます。
 表に素剣に梵字、裏に樋の彫が有ります。

 鍛えは板目肌、刃寄り稍板目肌に成り、地沸良く付いて、地景入ります。全体に淡く乱れ映りが立ちます。
 刃文は、元と先が細直刃状、中程が湾れて、金筋、足等入り働きが豊富です。
 強く沸いて刃縁良く冴えます。

 研磨作業は、地鉄の働き、映りが見える様に心掛け大肌が出ない様に作業致しました。
 地鉄は柔らかく気を使って作業を致しました。
 刃文は細いので刃取りが難しく、地鉄に刃艶が大袈裟に食み出さない様に気を付けて作業を致しました。

hp1.jpg

hp2.jpg

hp3.jpg

hp4.jpg

hp5.jpg


 刀剣研磨外装技術発表会の展覧会は、両国の新刀剣博物館で1月19日から始まります。
 どうぞ、御見学下さいませ。
 
posted by 楽屋 at 23:48| Comment(0) | 日本刀研磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする