2018年12月09日

研磨した刀剣の紹介(会津兼定)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 銘、陸奥会府臣古川兼定で安政二年の年紀が有ります。
 安政二年は10代兼定の活躍期間ですが、銘から見ると11代兼定の代銘かと思われます。
 11代兼定は天保8年(1837)生まれで安政2年(1855)は18歳ですが、当時の職方は早くから修業を始めて早熟ですから、これぐらいの年齢で充分代作は出来たのではと思います。
 
 会津兼定家は関4代目の兼定が会津に移住して始まります。11代続いて明治を迎えます。
 初代から4代目ぐらいまでは、まだまだ刀剣需要が多かった時期だと思いますが以外に作品は少ない様な気がします。
 これは、会津が芦名→伊達→蒲生→上杉→蒲生→加藤→保科家と変わり作刀に集中できなかったのと、禄高も最初高禄でしたが段々と減ってしまったのが影響しているのかと想像します。

 10代から需要が増して作刀が増え、11代は幕末に波乱の多い生涯を送りました。

 この御刀は、地鉄はやや肌立ち地沸付き、元の方にうねる様な地景が有り中程に幾筋か長い地景が入り変化が有ります。
 刃文は沸出来の互の目で足が入り、横手したに強く光る金筋が入り見事です。
 志津か直江志津の様な雰囲気の作刀ですが、足が刃先まで入る所に新々刀の特徴が有ります。

 研磨は、全体の刃斑と取り、物打ち辺にヒケ傷が多くここも刃斑に成っていたので備水砥からの作業に成りました。
 研磨前より肌立ちを押さえて働きも良く見える様に成りました。

 1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg
 
posted by 楽屋 at 20:04| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

東京へ

 前日、金曜日と土曜日に東京へ行きました。
 金曜日は備前の彫金師片山さんの主催の刃物オフ会、土曜日は日本美術刀剣保存協会主催の全国大会に行ってきました。

 刃物オフ会は、刀剣、刃物類、刀装具等を持ち寄り鑑賞する会です。
 私は持って行ける刀が無いのでちょっとだけ実演差せて頂きました。
 夜は懇親会に成り楽しい時間を過ごさせて頂きました。
 このオフ会は東京以外でも開かれます。Twitterなどで情報が流れますので機会が有れば御気軽に御参加されてはと思います。

 _20181128_143502.JPG

 次の日は数年ごとに開催される日刀保の全国大会でしたが、全国大会とは数十振りの名刀を鑑賞する会です。
 普段、中々見る事が出来ない名刀を鑑賞する機会ですので参加しました。
 参加者も多く大変盛況でした。
 
 DSC_1311.JPG

 
 帰り東京駅で迷ったりで大変でしたが普段田舎住まいなので、たまに活気溢れる都会に出ると刺激に成ります。
 
 DSC_1305.JPG
 
 ホテルの近くに愛宕神社が有ったので参拝しました。人懐こい猫が居ました。
 愛宕神社は桜田門外の変の折り、この場所に浪士が集合してから桜田門に向かったとの事です。
posted by 楽屋 at 15:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

研磨した刀剣の紹介(伊賀守金道 五代)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 伊賀守金道の五代目の作です。
 初代の金道は美濃国の兼道の子で他の兄弟と一緒に京に上り大変栄えた一派です。
 伊賀守金道家は日本鍛冶総匠として刀鍛冶の受領は金道家を通さねばならず(形式上、伊賀守金道家の門人に成る)刀鍛冶の名家でした。代を重ねて幕末まで続きます。 
 長兄は伊賀守金道、次兄は来金道、三弟は丹波守吉道、末弟は越中守正俊、一門に近江守久道が居ます。丹波守系は繁栄して大阪にも分家しています。

 この作は伊賀守金道の五代の作で茎に雷除と銘しています。
 この作は長さ2尺5寸も有り、反りが大変深く添樋も有り特別な注文作と思われます。
 刀剣書物等では一括して書かれますが、現物を見ると出来の優れた作品も有り(美濃物、脇物等)書物だけで判断してしまうのは危険な事です。
 この一門では来金道二代三代合作も優品でした。

 この作は、地鉄小板目でやや流れる部分が有り、それに沿って地景入り地沸付き、刃は小沸出来足入り、部分的に互の目が交り地刃優れています。この様な作品は貴重ですので見逃さない様に記憶したいと考えます。

 5.jpg
 
 6.jpg
 
2.jpg

3.jpg

4.jpg

1.jpg
posted by 楽屋 at 01:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

研磨した刀剣の紹介(肥前忠吉 八代)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。

 肥前忠吉の八代目の作です。
 肥前忠吉は初代から代を重ねますが、四代目以降は段々と制作数が減少して五、六、七代目は作品が少ないのですが八代目に成ると幕末期に成り作刀数が増えます。とは言え初代、二代に比べると作品は少ないです。
 九代目まで代を重ねて廃刀令を迎えています。

 この御刀は八代の忠吉と極められている作品です。
 昔は肥前国忠吉と五字銘だと代別が中々分からなかったそうですが最近は研究が進み代別も分かる様に成って来たようです。

 地鉄は肥前刀の伝統的は小糠肌状に成り小板目詰んで地沸付きます。
 二代の近江大掾忠広は刃文の縁が帯状に太く成るのが特徴ですが、この御刀は刃縁は締まり気味で細かく足が入り刃縁は良く冴えます。

 研磨作業は地刃に所々錆が出ていましたので、その部分は備水砥で除去して下地の作業を進めました。

5.jpg

 6.jpg

2.jpg

1.jpg

3.jpg

4.jpg
posted by 楽屋 at 21:43| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京のかたな展

 DSC_1225.JPG

 
 京都国立博物館の「京のかたな」展を見ました。
 京都所縁の刀剣、三条派など古い京鍛冶、粟田口、来、新刀に至るまで国宝、重文が多数展示されていて中々これ程の規模の展示は無いと思います。
 大変盛況で入場待ちが出来、図譜も売り切れで現在予約販売に成っています。
 

 順路最初には絵巻が有り、前九年の役、後三年の役の絵巻ですが、図鑑などでは見た事が有りましたが現物を拝見できて感激しました。
 特に後三年の役絵巻は荒々しく残酷な描写の連続ですが、当時の武士の戦いや気質が分かり大変に貴重なものです。

 三日月宗近は打ちのけ、物打ちは二重刃掛かり如何にも古風な名刀です。
 南宮大社の宗近も展示されていました。

 粟田口物はどれも地鉄が美しく、特に則国、久国の地鉄は一点の緩みなく刀剣の地鉄として最上の作品です。
 また、成瀬家伝来の吉光の小太刀は在銘で貴重なものです。

 有楽来は暫く所在不明と言う事でしたが今回展示されていて良かったです。研磨は藤代松雄師で興味深く拝見しました。
 来国次の国宝の短刀の健全さと大きさには驚くばかりです。
 
 圧切長谷部は初めて拝見しました。図鑑で見ると古研ぎかと思って居ましたがそれ程で無く地鉄の綺麗に積んでいるのが良く分かりました。
 これは石川周八師の研磨と何かで読んだ気がするのですが思い出せず違うかも知れませんが、刃取りが大胆で豪壮な刀剣の出来を良く表現する名研磨と思います。
 本庄正宗の短刀が有り、これは在銘の正宗として貴重なもので拝見できて良かったです。
 
 三条吉則の太刀が有り、これは美濃伝で室町期の作と言う事でしたが地鉄が素晴らしいものでした。

 その他、国広、明寿など沢山の展示が有りますが、とれも書ききれません

 会期は11月25日まで途中展示の入れ替えも有る様です。
 
posted by 楽屋 at 16:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

研磨した刀剣の紹介(延寿国秀)

 研磨差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 延寿国秀の刀です。
 国秀は古刀期から続く延寿派の新々刀期の刀匠です。
 江戸に出て水心子正秀に学んでいます。
 この御刀は文化四年の年紀が有ります。
 
 この御刀は、地鉄が良く詰み綺麗で地沸が厚く付き細かい地景入り梨地状に成り、刃文は沸出来で刃中に様々な働きが有り刃縁が良く冴えます。
 
 研磨作業は、錆等はあまり無かったのですが鎬地のムラが多く有りましたので、その部分を思い切って荒砥で作業しました。
 中々簡単にはムラは直りませんし、あまり無理をしてもいけないので大胆な上でも慎重な作業に成りました。
 新々刀は刃は硬いのですが、地鉄が柔らかい場合が多いので仕上げ研ぎも難しい面が有ります。
 御刀の良さは引き出せたのではと思います。


6.jpg

7.jpg

1.jpg

2.jpg

4.jpg

5.jpg
posted by 楽屋 at 20:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

現代刀職展

2018現代刀職展_A4チラシ表面.jpg

 現代刀職展が開催されます。
 展示の入れ替えが有り、私の出品した短刀は前期日程8月26日までの展示です。
 その後、巡回展が致道博物館と秋水博物館で有りますが、私の出品刀は秋水美術館の方のみの展示に成ります。
 御鑑賞頂ければ幸いです

 展示作品の情報は刀剣博物館のホームページを御覧下さい。
 https://www.touken.or.jp/museum/
posted by 楽屋 at 21:51| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

現代刀職展授賞式 研磨した刀剣の紹介(則重)

 7月13日は日本美術刀剣保存協会主催の現代刀職展の授賞式が有り、東京まで出掛けました。
 以前は、研磨外装技術発表会と言う名称で行われていましたが刀剣博物館が両国に移転したのを機に、作刀部門と同時開催に成り現代刀職展と名称が新たに成りました。
 
 本年も私は、鎬造りの部と平造りの部二部門に出品を差せて頂きました。
 結果は、鎬造りの部が入選、平造りの部が優秀賞でした。
 鎬造りの部の方が力及ばず入選に成ってしまい、折角御貸し頂いた御持ち主様にも申し訳無い気持ちに成りました。
 
 平造りの部の方は幸いに優秀賞を受賞する事が出来ました。
 本年も平造りの部には特賞が出ませんでしたので、優秀賞一席の私の出品が最高位と成り少し面目を施した次第です。

 また、来年も出品して良い成績を得られる様に頑張りたいと思いますので御支援宜しく御願いを致します。

 

 優秀賞頂きました短刀の御紹介を致します。

 則重の二字銘の短刀です。

則重は正宗の十哲として有名な刀工ですが、実際は正宗とは新藤五国光門下の合弟子、若しくは兄弟子と言われており後に越中に移住した刀工です。相州伝をより激しく表した作風で、この作品も地鉄やや肌立ち地景太く入る松皮肌に成り荒目の地沸激しく付き、刃は沸出来で刃中金筋、二重刃掛かり複雑な働きが有り刃縁良く冴えます。

研磨作業は地刃柔らい割に粘りが有り、地鉄の働きを出すのも簡単では無く中々気苦労が多かったです。

 5.jpg

6.jpg

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg  
posted by 楽屋 at 22:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

関市豪雨災害に付きまして。

 この度の集中豪雨で関市でも浸水に寄り多大な被害が出た地域が有り関市の被害に遭われた方々、全国の被害に遭われた方々の復旧を心よりお祈り申し上げます。
 義援金などの情報が出ましたら随時御知らせをして行きたく存じます。

 私事で恐縮ですが近くの川が大分増水しましたが堤防は超える事が無かったです。御心配をして下さった方々に感謝申し上げます。
posted by 楽屋 at 23:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

研磨した刀剣の紹介(尾崎助隆)

 研磨作業を差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 尾崎助隆の脇差で享和二年の作です。
 
 尾崎助隆は新新刀初期、大阪の刀工で寛政、享和辺りに活躍しました。
 濤乱刃を得意として制作しています。
  
 この脇差は鎬に掛かるぐらいに高い所の有る濤乱刃を高低の変化を付けて焼いています。
 刃が明るく、刃縁が細かく働きます。
 新新刀期には濤乱刃を焼く刀工が何人も出ましたが、尾崎助隆は個人的には助廣に一番接近する出来の濤乱刃を焼く刀工と思います。

 研磨作業は最初の状態があまり良く無かったので荒い砥石で下地研ぎから始めました。 
 刃が硬いので内曇砥を引くにも力が要ります。
 濤乱刃の刃取りは中々難しく工夫しました。

4.jpg

5.jpg

2.jpg

3.jpg
 
 
posted by 楽屋 at 11:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

研磨した刀剣の紹介(貞宗と銘がある短刀)

 研磨作業を差せて頂いた御刀の紹介をします。
 貞宗と銘の有る短刀で、相州の貞宗には在銘が有りませんので、それとは違う貞宗と思われます。
 研磨作業をする前は錆身で地刃が分からない状態だったので偽名かと思って居たのですが、作業を進めると激しい皆焼の刃文が現れ、銘も相応の時代を経ていて偽名とも思われない様に感じました。
 銘鑑で調べてみると薩摩に江戸末期に貞宗と言う刀工が居る様です。茎先の形状も奥元平を思わせる様な形状です。
 現状では真贋は不明ですが、地刃の出来と合わせて興味深い御刀です。

h.jpg 
h2.jpgh3.jpgh4.jpgh5.jpg
posted by 楽屋 at 22:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

長野へ行きました。

 昨日は長野県の千曲市へ行きました。
 長野北支部さんの御厚意で会員で無くても鑑賞会に参加させて頂けるとの事で、鑑賞会には上杉三十五腰の一振りからかしわ(長谷部国信)が出品され、この機会を逃すと中々手に取って拝見する機会は無いであろうと思い出掛けました。
 長野の支部の方々は初対面の人にも気さくに接して頂いて有難かったです。
 からかしわ、が出品されるとの事で遠方からの女性の参加者が多く刀イベントで御会いする方達も沢山来られていました。

 からかしわ、は鎬に掛かる程の高い焼刃と地には飛焼が激しく掛かり流石の名刀でした。地鉄も細かく詰んで綺麗でした。
 その他重要美術品の短刀が有り、重要刀剣、特別重要刀剣有りで素晴らしい鑑賞会でした。
 私が強く印象に残ったのは宝寿の応仁の年紀がある短刀で、刃は沸深い互の目乱れで冴え、地鉄は良く鍛えられた鉄にウネル様に地景が入り、銘が有るので宝寿と分かりますが無ければ南紀国重辺りに見るかも知れません(個人的感想)。
 宝寿の作はあまり拝見する機会が無いですが、この様な作も有るのだな、と感心した次第です。
 
DSC_0870.JPG
posted by 楽屋 at 22:39| Comment(0) | 日本刀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

現代刀職展に行きました

 日曜日に刀剣博物館で開催中の現代刀職展に行って来ました。
 会期が日曜日までで、行こうかどうしようか迷ってはいましたが折角の機会ですし、新しい博物館の展示も気に成っていたので思い切って車で出かけました。
 東京までは高速を乗りっぱなしで行けるとは言え5〜6時間は掛かるのでやはり遠く特に帰りは疲れました

 東京は岐阜より桜が早く開花していてすっかり春めいていました。
 刀剣博物館の展示室は以前より広く成り、ゆったりと鑑賞出来ます。
 また、照明もLEDに成り刀身も良く見えます。
 差し込み研ぎの刃文が寄りハッキリと見えるに感じました。
 私の出品作も刀、短刀と二振り展示されて居たので嬉しかったです。
 前の博物館の時はコンクールの授賞式と日程が近くそれ程頻繁に東京に行ったり来たり出来ないのと年末で忙しく結局一回もいけませんでしたので、刀剣博物館での研磨コンクールの展示を見るのは初めてに成りました。
 その後は、上野の国立博物館にも行きましたが上野は桜とパンダのせいで人混みがすごくて大変でした
 皇居の東御苑を散策した方が良かったかも知れないと後で思いました。
 日帰りは大変でしたが思い切って行って良かったです。

 DSC_0796.JPG
DSC_0797.JPG

DSC_0801.JPG
DSC_0798.JPG

posted by 楽屋 at 22:49| Comment(0) | 日本刀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

刀剣博物館の展示

 両国の新刀剣博物館で開催中の現代刀職展で3月6日から私が研磨した刀、無銘基光と短刀来国光が展示されます。
 機会の有る方は御見学下さい
posted by 楽屋 at 22:09| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

研磨した刀剣の紹介(無銘、陸奥守歳長)

 研磨作業を差せて頂いた御刀の紹介を致します。
 無銘で古極めでは直江志津に成っている御刀と薙刀の陸奥守歳長です。

 無銘の御刀は中々判別が難しく古極め通り直江志津かも知れませんし、相伝備前系の刀剣の様な気も致します。地には相州伝系の働きが有り刃文は良く沸く良い御刀です。
 研磨作業は地刃の働きを出すように作業を致しました。

 h1.jpg

h2.jpg

4.jpg

5.jpg

h3.jpg


 もう一振りは陸奥守歳長の薙刀です。
 地刃がしっかりとして形もガッチリとして力強い薙刀です。
 歳長は江戸時代前期の刀工で阿波の出身で京堀川派に学び後に阿波に戻って作刀しています。
 薙刀は形状的に下地研ぎが難しい面が有りますし、刃も硬いので研磨作業は難儀しましたが綺麗に仕上がったと思います。

 1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

 
posted by 楽屋 at 20:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする